趣味

花々

   今日は近畿地方はあいにくの雨模様rain

なんと梅雨入り予報が今日じゃないですか・・・wobbly

そうかこれから洗濯物の乾かない季節がくるのか・・・・sweat02

そんな気分をきれいな花でリフレッシュshine

最初はガーベラです。

お気に入りはこれPCの背景にしています。

R0010748_2 

ここからは一気にいっちゃいます。(花の名前はわかりませんけど・・・)

R0010746 R0010744

R0010751_2 R0010753_2

R0010763

R0010764

R0010766

R0010767

R0010770_3

R0010771

以上終わりです。

ではまた・・・

| | トラックバック (0)

金のなる木

我が家の大きな金のなる木

妹が幼稚園のバザーで買ったものなのでかれこれ20数年前のもの。

最初は小さな鉢植えでそれが、今では写真のように大きくなりました。

R0010544_2 R0010542

去年はもっと頭でっかちだったけど、さすがにこれではあぶないって事で下側を切って今の形になりました。

水をやりすぎると腐ってくるのでほとんどやらなほういいらしいのですが、夏は結構あげてもいいらしく、2、3年ほど前の夏に水を上からバサッとあげると・・・

写真に写っている3本うちの一本の幹がやわらかくなってしまい・・・倒れてしまった。

あわててひもで補強して今現在は元気にたっています。

そして、その年は家の補修やらなんやらでお金が出ていく年になってしまったとうわけです。

まさに我が家の金のなる木です。

そして、我が家の御神木かもね。大切にしないとってと母と冗談半分で話していました。

切った部分は人にあげたり、別の鉢植えに植えたりして我が家の金のなる木の子供というより、分身は元気に育っているようです。

そして、これが金のなる木の花です。

R0010539_2

カネノナルキ(金のなる木)とは、ベンケイソウ科多肉植物の一種。学名Crassula ovata(シノニムC. portulacea)。オウゴンカゲツ(黄金花月)、カゲツ(花月、クラッスラ・ポルトゥラケア)ともいう。 和名はフチベニベンケイであるが、あまり使わない。

原産地は南アフリカ。低木で葉は多肉質、葉に斑の入る種類もある。開花期は冬である。

英語ではdollar plantといい、葉が硬貨に似ているのが名前の由来である。日本では昭和初期に渡来し、五円硬貨を若枝の葉柄に通して育て、硬貨がなったように見せかけられたため、「金のなる木」や「成金草」と俗称される。丈夫な観葉植物としてよく栽培されている。繁殖は挿し木による。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用

| | トラックバック (0)

花々

昨日は晴天

花を撮ってみました。

それでは、いってみよう~か~(-。-)y-゜゜゜

まずは、家の近くの神社前にある桜たち 満開happy01

2008040909112820080409091218

そして、少し進んだところにある雪柳も満開

20080409091620←犬のフンのあとしますは忘れずに。

そして、家の庭の花々。

R0010492R0010493

R0010496R0010497

R0010498R0010499

R0010502_2R0010503

R0010506

R0010508←あっ・・・花じゃないね。

R0010510

R0010509

R0010514R0010515

| | トラックバック (0)